トップページ > 果樹・農業 > 土壌の改善・樹勢回復

土壌の改善・樹勢回復


適応商品

商品名  活植源(土状)
用 途  天然腐植土壌改良剤
商品説明 植物の育成効果と土壌改良効果を持ち
     特に細根の発達に効果的です。
使用法  育苗、植え付けの際に培土に混ぜ込みます。
荷 姿  10kgPP袋入

    「土壌改良剤」の特許取得製品です。


土壌の改善

農産物の生産にあたって、「土づくり」が非常に重要であることは言うまでもありません。
根張り良く、病害虫にも強い作物が育つ土づくりに、ぜひヒューマス製品をお役立て下さい。
土の団粒構造化を促し、施肥効果が高く、微量要素がバランスよく含まれた土に生まれ変わります。

使用商品  活植源
使用方法  露地の場合10aあたり40~60kg、ハウスの場合60~80kgを
      筋蒔きまたはポット穴に直接まきます。
      有機肥料との混用をお勧めします。

      育苗時の使用は特にお勧めです。
      水稲の場合、育苗箱1箱に100g程度、その他の野菜類は培土量の2%を目安にまんべんなく
      混入下さい。
      細根の発達が見違えるようになります。

      全面施用よりもピンポイントで施用できますので、対コスト効率が高くなります。

      備考:製品の施用後は灌水をタップリと行ってください。
         石灰を使用される場合は、2週間以上空けてご使用下さい。
         肥料ではありません。施肥は的確に実施してください。



樹勢回復

樹木の植栽・維持管理は、楽しみであると同時に、生き物である樹木が相手と
いう事で、なかなか思い通りにいかない難しさを持っています。

活植源は、含まれる成分を水に溶ける可溶性に変える事に成功していますので、
土壌に施用する事により植物に容易に吸収され、植物の体内から活力を発揮させる力を生み出す源になります。

年1回、定期的な施用で大事な樹木を労ってあげて下さい。
地中の根の先端あたりに溝を掘るようにして施用するのがコツです。
施用後はたっぷりと潅水して下さい。

  使用商品  活植源
  使用方法  植栽時及び維持管理の場合

  下木(樹高30~80cm):1株あたり0.2~0.5kg
  中木(樹高100~200cm):1本あたり1.0~1.5kg
  高木(地上1.2mの幹周30~45cm):1本あたり1.5~3.0kg
  高木(地上1.2mの幹周60~90cm):1本あたり5.0~12.0kg

      樹勢回復の場合は、植栽時の基準の2~3倍量をご使用下さい。



このページのトップへ